11人の「きたかみ仕事人」が参戦! 11.11中学校キャリア学習お手伝いプロジェクト、キックオフ!

地元中学校のキャリア学習をお手伝いする事業者さん、一挙公開!

 北上市内にある北上北中学校2学年のキャリア学習を「きたかみ仕事人図鑑」がお手伝いするプロジェクト。その開催日、11月11日(水)がいよいよ来月に迫ってまいりました!

 今回は対象となる2学年の生徒たち40名にアンケートをとり、子どもたちが実際に興味を持っている職業の方と直接お話できる機会をつくろうと先生方が努力している点が素晴らしく、それを踏まえて「きたかみ仕事人図鑑」から、さまざまなジャンルで活躍する11名の“仕事人”が参加することに!

▲北上市の北部に位置する北上北中学校。校舎は「二子さといも」で有名な二子町の小高い丘の上にあり、目の前にはのどかな田園風景がひろがっています。

 当日は小グループにわかれて子どもたち一人ひとりが“興味”を持っている職業の方と、そして事業者さんは自分が生業としている仕事に興味を持ってくれている子どもたちと、より深いコミュニケーションができるように配慮されています。

 さらに、3・4時間目の枠を使って2回に分けて交流できる時間を設けているため、自分が興味を持っている仕事以外の事業者さんと交流するチャンスも……。

 夢とこだわりと熱い“想い”を持って仕事に励む北上市の事業者さんをたくさんご紹介してきた「きたかみ仕事人図鑑」にとって、地元の中学生の方と地元の魅力的な事業者さんが出会い、その取り組みや“想い”を知ってもらえることはうれしい限り。

 「ステキな出会いがいっぱいあるといいな」と今からワクワクしております!

 さて、「11.11中学校キャリア学習お手伝いプロジェクト」に参加する11人の「きたかみ仕事人」イレブンは以下の通り!

※写真をクリックすると、詳細の記事をご覧いただけます!

●飲食・サービス代表

CAFE LAube(カフェ ローブ) 

オーナー 明戸 一眞(あけと かずま)さん

淹れたてのおいしいコーヒーを手軽に楽しんでいただこうと、ロードサイドでテイクアウト専門の店を手づくりしてオープンしたのが7年前。現在は盛岡に3号店も! こだわりのコーヒーはもちろん、カカオから手づくりするチョコをはじめスウィーツも大好評。北上市のカフェ・シーンをリードする若手オーナーです。

●医療・福祉代表

ホームケアクリニック えん    

院長    千葉恭一さん

看護師長 髙橋美保さん

「どんな障害や病気があっても、安心して暮らせる地域づくり」をめざし、2013年に岩手県で唯一の訪問診療専門のクリニックとして誕生。3名でスタートした同クリニックのスタッフは現在11名となり、そのヒトらしさを大切にしながら、常時130~140名の患者さんの暮らしに寄り添い、笑顔のある在宅生活を支えています。

●建設・土木代表

株式会社アサヒテクノ

代表取締役 髙橋茂𠮷さん

地震大国の日本は他国に比べ軟弱な地盤が多いと言われ、そうした軟弱な地盤の上に建物や道路、空港などをつくる際には「地盤改良工事」が必要になります。同社は、独自の真空技術で特許を取得した「SWP工法」により、その分野を革新。活躍のフィールドは、日本全国はもちろん海外にも及び、地元の高校や専門学校の卒業生たちが第一線で活躍しています。

●スウィーツ代表

洋菓子工房 ケーキ屋Shimizu

オーナーパティシエ  清水 活(いきる)さん

中学時代の職場体験がきっかけで、17歳で洋菓子職人を志し、念願叶って30歳で独立しますが、小麦・卵などのアレルギーを発症。一時は転職も考えたそうですが、アレルギーを持つ自分だからこそつくれるお菓子をつくろうと奮起。その魅力がひろがり、現在は北上市内はもちろん近隣市町村や沿岸からもお客さまが訪れる人気店に。

●聖職者代表

曹洞宗 花岩山 永昌寺

第25世 住職 海野義範(うんの ぎはん)さん

東京を拠点にプロスキーヤーとして活躍していた海野住職が「ヒトのためにできること」をやろうと曹洞宗の大本山で修行をはじめたのが14年前、37歳のときでした。その後、お父さんのあとを継ぎ、北上市更木地区で400年の歴史を刻む永昌寺の住職となった現在は、イベントや座禅会なども積極的に開催し、地域にひらかれたお寺にしようと活動しています。

●介護・保育代表

グループホーム「おおきな木」ほいくえん「 ちいさな木」 

おおきな木 施設長 黒澤 豊さん

ちいさな木 園長 黒澤 志摩子さん

多世代が暮らし、ご近所さんも気軽に訪れる昔の家のようなホームをつくろうと、2019年4月に誕生したのが保育園を併設したグループホーム「おおきな木 ちいさな木」。グループホーム「おおきな木」の施設長・豊さんと保育園「ちいさな木」の園長・志摩子さんはご夫婦でもあり、2つの施設が連携しながら、いろんな世代が集う地域の木陰になろうと奮闘しています。

●農業代表

農業生産法人 クレアクロップス株式会社(馬場農園)  

代表取締役 馬場一輝さん

「農業をもっと若いヒトも憧れるような面白い仕事にしてやろう!」と馬場一輝さんが決意したのは14年前の成人式のとき。8年前には農園を法人化し、現在は20代の若手社員3人が活躍中です。農作業をラクにするためICTも活用。消費者との距離を近づけようと料理教室やとうもろこし畑迷路なども開催するなど、農業を楽しいイメージにアップデートしようと挑戦中です。

●ファッション代表

株式会社UTO(ユーティーオー)  

代表取締役  宇土寿和(うと としかず)さん

世界最高峰のカシミヤ糸を使用した最高級カシミヤニットを手掛ける同社のカシミヤニットは、発色の美しさ・心地よい肌触り、そして手仕事の技が光る至高の逸品。女性ファッション誌やテレビなどでも特集され、ふるさと納税の返礼品としても高い人気を誇ります。そのものづくりを支えているのが北上市にある直営工場で、カシミヤに深い愛情を注ぐ宇土代表とともに、地元の職人たちが活躍しています。

●ものづくり代表

有限会社 ウスイ製作所   

代表取締役 碓井浩太郎さん

丸物切削加工(専用の機械で鉄の棒を削り、さまざまな部品に仕上げる)のスペシャリスト集団である同社のものづくりは、世界的な自動車部品メーカーとも直接取り引きするほど高い信頼を得ています。また、「社員の幸福」を目標に掲げる同社の「3S活動」(整理・整頓・清掃)も、今年2月に開催された「第6回 いわて3Sサミット」で大賞を受賞するなど高い評価を得ています。

 以上のみなさんです。11.11のキャリア学習の模様は、改めてご報告します!

 地元の中学2年生と事業者さんたちにとって、どんな1日になるのか? 楽しみですね~。乞うご期待!

ラジオ番組「夢を語る大人たち」とも連動!

北上北中学校2学年の学年主任を務め、今回のキャリア学習の先頭に立つ菊池俊浩先生にはラジオにもご出演いただきました! 詳細は写真をクリック!

(了)

2020-10-15|
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA