結婚を機に。北上市が好きだから……。 4/10のラジオは、北上市で夢を育む 外国人女性たちが登場!

いま話題の外国人労働者たち。

そして、それより以前からがんばっている外国人女性たち……。

 最近、人手不足などから外国人労働者の受け入れ拡大が進んでいるというニュースが多くのメディアで取り上げられています。

 一方で、それより以前から結婚を機に外国から日本にやって来て、そこで自己実現しようと奮闘している方たちや、ワーキングホリデーを利用して“好き”な日本でがんばろうとしている方もいらっしゃいます。そうした女性たちは、もちろん北上市にも……。

 というわけで、「きたかみ仕事人図鑑」がお届けするラジオ番組「夢を語る大人たち」の第20弾は、「外国人女子と北上市の未来」と題してお届け!

 多様な文化を受け入れ、男性女性がともに活躍し、発展していける街をめざしている北上市で、いま話題の外国人労働者とは違ったカタチで、北上市でがんばっている外国人女性たち……。そうした方たちにぜひお話をうかがいたいと企画した今回の番組に、集まっていただいたのはご覧の方々です。

★【中国出身】佐藤春子(しゅんし)さん 

 長崎県の大学に留学している際にご主人と出会い、東京での勤務経験を経て結婚、2007年に北上市へ。日々の暮らしや、さまざまな仕事を経験するなかで、北上市で暮らす外国人たちが気軽に集える場所をつくりたいと、漢方などの知識をいかし、薬膳のカフェを開くのが夢。

★【フィリピン出身】 菊池クレオさん

 結婚を機に、2008年に北上市へ。自分の子どもに英語を教えるにあたって、他の子どもといっしょに勉強した方が楽しいだろうと、2016年に自宅の一角で英会話教室をオープン。 現在では3歳から中学3年生まで、地域の子どもたちが英語と触れ合う場に。

★【台湾出身】 黄 郁雯(こう いくぶん)さん

 アイドルグループ「V6」に憧れ、日本に興味を持ったのがきっかけで日本語を勉強。ツアーで北上市を訪れた際に“雪”の素晴らしさに魅せられ、2018年12月にワーキングホリデーを利用して夏油高原スキー場へ。現在は、労働ビザを取得して同スキー場に勤務するほど夏油のトリコに。

 以上のお三方です。みなさま、お忙しいなか番組収録にご参加いただき、ありがとうございます<(_ _)>

母国語はもちろん日本語や英語も上手に話すお三方に、鹿糠さんも……。

 「ラジオ出演は初めて」というお三方は、この日が初顔合わせということもあり、みなさん緊張したご様子。でしたが、「カフェでお茶を飲みながら女子トークする気分で楽しみましょう」と場を和ませる番組パーソナリティ・鹿糠さつきさんの笑顔にその緊張もやわらぎ、トークは滑らかに。

 中国出身の佐藤春子(しゅんし)さんは大学時代も含めれば日本で20年以上、北上市でも10年以上暮らしており、日本語の読み書きも堪能。

 フィリピン出身の菊池クレオさんも北上市で10年以上暮らしており、日本語の会話はノープロブレム。

 さらに、台湾出身の黄 郁雯(こう いくぶん)さんも中学時代にアイドルグループ「V6」に憧れ、日本に興味を持ち、高校時代は台湾の日本語教室で、大学卒業後は1年間東京都内で日本語を勉強したという方。こちらも、日本語の読み書き堪能ということで、日本語しか話せない鹿糠さんでも問題なく、番組はスムースに進行しました。

 それどころかお三方は、母国語はもちろん日本語・英語も使える才女ということで、ネイティブな発音で自己紹介されると、鹿糠さんの方がオロオロする自体に(笑)

 しかし、見方を変えれば、今回ご出演いただいたお三方も、日本にやってきた当初、さらには北上市にやってきた当初は言葉の問題や暮らし方の違いで苦労されたそうで、番組はその話題からスタート。

 北上市に住んでいると気づかない、はたまた外国人だからこそ気づいた暮らし方への戸惑いはもちろんですが、みなさん都会で生活してきた方ということで、自然豊かな北上市での田舎暮らしに対する戸惑いも多かったという話には、鹿糠さんが大爆笑するひと幕も!

 また、見知らぬ土地に来て、イチから地元のコミュニティに溶け込むことの大変さを、身を持って体験しているお三方だからこそのお話は、周りの理解がいかに大事かという教訓にも……。

 さらに、それを支えてくれる家族の大切さや、外国人から見た北上市の良さなどなど、私たちが当たり前だと思っていることがいかに貴重なことかということを気づかせてくれるお話をたくさんうかがうことができました。

 今回ご出演いただいたお三方に、改めて感謝です<(_ _)>

 男性だけでなく女性もともに活躍できる街へ。多様な文化を受け入れ、発展していく社会へ……。ぜひ、この機会に北上市でがんばっている外国人女性たちの声に、改めて耳を傾けてみてはいかがでしょう。

 詳細は、ぜひオンエアをチェック!

収録が終わって「ホッ」とひと息つく出演者のみなさん。収録中はもちろんですが、収録の合い間の歓談タイムにも、
強烈な臭いが特徴の台湾の「臭豆腐」のことなど、それぞれの国の文化の話題で盛り上がりました。
「これもオンエアしたい」と筆者は地団駄を踏んだほど、楽しいお話が聞けました。

多言語を操る才女たちに日本語だけで挑む「鹿糠さつき」の生き様も必聴!

 さらに、今回のラジオCMは多言語によるコミュニケーションがテーマ。 中国語、フィリピン語(タガログ語)、台湾語と、 母国語を操るお三方に、日本語しかしゃべれない鹿糠さつきパーソナリティがどう挑むか! 注目です! ご期待ください。

 気になる番組は……

4月10日(金)午前9時より

「きたかみE&Beエフエム」(88.8MHz)でオンエア!

ローカルカンパニー魅力発信プロジェクト produce 夢を語る大人たち

第20回:外国人女子と北上市の未来

をお聴き逃しなく!

(再放送は4月11日(土)午後7時~)

 そして、鹿糠さんに新たな事件が……。

 番組パーソナリティを務める鹿糠さんとは、浅からぬ縁を持つ「いわてデジタルエンジニア育成センター」のセンター長・小原照記さんが、何やら企んでいるご様子……。

 そちらは「第20回:外国人女子と北上市の未来」のオンエア後にお知らせいたします。お楽しみに!

(了)

2020-04-03|
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA