春は、つづく。

 ゴールデンウィークも3日目となる4月29日(月)、北上市は抜けるような青空がひろがりました!

 今年のゴールデンウィークは最大10日の超大型連休とあって、日本中がウキウキしている感じですが、かくいう私も、この日をワクワクしながら待ち望んでいました (*´m`)ムフフ

 きっかけは、仕事人図鑑の第22弾の取材でお会いしたNPO法人「あすの黒岩を築く会」の事務局長・小田島光安さんの言葉。

 小田島さんは、去年の7月に北上に移住し、展勝地のさくらまつりを今年初めて体験するという私に向かって胸を張り、

「桜はもちろんだけど、29日の消防演習もぜひ見てみて。すごいから」

と誇らしそうにのたまいました。

 そこまで自信たっぷりに言われたら、「拝見させてもらいましょう!」と私も前のめりに!

 満を持して迎えた当日、出かけたのはもちろん「北上展勝地さくらまつり」が開催されている会場の河川敷。2kmにわたって続く桜並木を背に、「50台はあるかな?」というぐらい、たくさんの消防車がずらり \(^o^)/

 一方、対岸には消防演習をこの目でみようと多くの北上市民が詰めかけ、そのはじまりを今や遅しと待っています。それを見るだけで、私の期待感もMAXに!

 「いつはじまるのか?」とワクワクしながら待っていると、ヘリコプターが登場!

 すると、「待っていました!」とばかりに放水訓練がスタート!

 青空に向かって、色とりどりの水煙があがります。すごい迫力!

 子どもたちの歓声があがったと思ったら、

ヘリコプターが低空飛行!

 「あっ、手を振ってる」という声に、ふと見上げれば、ヘリコプターに乗る消防士さんの手を振る姿が……。子どもたちのテンションもMAXに!

 この日の消防演習には、北上市消防団、北上市婦人消防協力隊連絡協議会、幼年消防クラブ、岩手県防災航空センター、北上地区消防組合などから、およそ1,200名が参加。部隊訓練や幼年消防クラブの集団演技、分列行進、さらには防災ヘリコプターによる飛行訓練など、日頃の訓練の成果を市民のみなさんに披露するものだそう。

 そのラストを飾ったのが、河川敷で行われた一斉放水訓練。

 ズラリと並ぶ消防車から一斉に放水され、七色の水煙が青空を彩る様子は、「あっぱれ!」のひと言。地域の防火に臨む消防団の頼もしさと心意気を感じることができました。これが市民の誇りにもなっているのでしょう。小田島さんが胸を張って語ったことにも、納得  (o^^o)ふふっ

 消防演習を堪能した私が次に向かったのは、もちろんすぐそばにある展勝地の桜並木(/*´∀`)o レッツゴー♪

 桜の花びらが風に舞い落ちる様子を眺めながら、のんびり散策。

 消防演習を終えた消防車両の姿も……。なぜか、誇らしい気持ちで、赤い車を眺める私 (o^^o)ふふっ

 髪をおろした女性消防団の方の姿も……。 やっぱり、誇らしい気持ちで、その後ろ姿を見送る私。消防演習、お疲れさまでしたm(_ _ )m

 ゆく春を惜しむような、のんびりとした時間が流れます。

 ピンクから緑へ……。季節の移ろいを感じる風景です。

 北上もいよいよ春から新緑まぶしい初夏へ……。「もう春も終わりか」としみじみしながら歩いていると、

桜並木の一角にひと際鮮やかなピンク色が……(/*´∀`)o レッツゴー♪

しだれ桜は、これからが見頃。記念撮影するヒトたちでにぎわっていました。

まだまだ、春がつづく展勝地。

「北上展勝地さくらまつり」は、5月6日(月・祝)まで。

北上展勝地さくらまつり 
期間/2019年4月15日(月)~ 5月6日(月・祝)
最新情報はこちら!

(了)

2019-04-29|
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA