吹雪の後には、美しい青空が待っている! と感じた北上市の年の瀬の点描です。

 年末年始、最強寒波到来……。

 テレビのニュースや新聞などで盛んに叫ばれています。東京から北上市にやって来て3度目の冬。3度目の年末年始。今までは穏やかな年の瀬でしたが、今年は……。

 ちょっと不安になっていると、天気予報通り、12月30日(水)の北上市は一日中、雪、雪、雪……。太陽の光も雪に隠れ、色彩も奪われ、どんよりとした雰囲気。気分もふさぎがち……。

 と思っていたら、本日はびっくりの快晴!  青空のなんと美しいことか。

 街中にあふれる色という色が、ひと際鮮やかに見えます。これも、白い雪のせいでしょう。

 北上市に来てつくづく思うのが、特に冬の青空の美しさ。それも雪のお陰なんだと気づかされた年末の2日間。12月30日と31日の北上市の点描です。

◇12月30日(水) 一日中、雪……。

◇12月31日(木) 快晴。

 少し風が強く、冷たかったですが、昨日の天気が嘘のように、美しい青空がどこまでも……。

 最後に訪れたのは……。

 吹雪の後には、美しい青空が待っている。

 2021年がみなさまにとって素晴らしい一年となりますように……。

 その願い、届け~!

(了)

2020-12-31|
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA