孤高のグルメ~きたかみ牛編~ 【第2話】岩手県北上市北鬼柳の「まるぎゅう」3種カルビ焼肉 

 まずは、この外観。木材のあたたかみと、ほのぼのとした牛舎のぬくもり……。

 周辺は公園や田んぼに囲まれたのどかな風景がひろがり、近くで牛がゆったりと草を食んでいそうなのんびりとした雰囲気に、「ここならおいしい焼肉が食べられるはず」と確信!

 はやる気持ちをグッと抑えて店内に足を踏み入れる俺は、人気グルメ漫画『孤独のグルメ』の五郎さん風に言えば、まさに「慌てるな。心と胃袋がつんのめっているぞ」状態。

 店内は外観同様、木のぬくもりを生かしたあたたかみのある空間がひろがり、はやる俺の気持ちをやさしく解きほぐしてくれるよう。

 こちらのお店は北上市にある日本最大級の農業生産法人「西部開発農産」の直営店で、同店で提供される「きたかみ牛」はもちろん、お米(銀河のしづく)や野菜、味噌なども自社農場の生産物を使用している点が魅力である。

 前回、青柳町でおよそ半世紀の歴史を刻むイタリアン「CARZER PICOLA」(カーザ・ピッコラ)さんで「きたかみ牛のとろとろビーフシチュー」に舌鼓を打ったときのこと。

 ただいま北上市内の対象飲食店で「きたかみ牛」を使った料理を食べてスタンプを2つ集めると、市内温泉旅館ペア宿泊券や、きたかみ牛ヒレステーキセットなどが抽選で当たるスタンプラリー3月22日(月)まで開催中と知り、「2店目はぜひここに!」と目論んでいたのがこちらのお店『まるぎゅう』

 肉質日本一に輝いた「きたかみ牛」をくつろぎの空間でゆったり味わってほしいと、2017年に誕生した同店。その人気を支えるおいしさの秘密は、理想の食味を追求し、土づくりからこだわって作物をつくり、「きたかみ牛」を育て、お客さまに良いものを届けようと徹底する姿勢にあるのだ。

 その自信がよく伝わってくるメニューを眺めていると否が応でもテンションが上がってくるのは、淡く輝く赤身にきめ細かく入ったサシも美しいお肉のせいだ。

 彩りも鮮やかなこのお肉がジュージューと焼かれ、網の上で踊る様を想像すると、早くも白飯をお替わりしたくなる。そう、あの頃のように……。

 焼肉はいつだって俺を少年の頃に戻らせてくれる。さしずめ『孤独のグルメ』の五郎さんなら「ウォーン」と叫んでいることだろう。(ちなみに、同店はご飯もお味噌汁の味噌も自社農場産でお替わりも自由!)

 期待に胸膨らませながら、俺を窓辺の席へと案内してくれたウェイトレスさんにおすすめのランチをうかがうと、「どれでもおいしいですよ」と自信満々の笑顔。『まるぎゅう』、恐るべし!

 それなら、と前のめりでオーダーしたのが「三種カルビ焼肉御膳」。

 肉質・味ともに国内最高水準を誇る北上市産のブランド黒毛和牛「きたかみ牛」に、岩手の豚肉ブランド「白金豚」、さらに国産の鶏にホルモンまで揃った贅沢御膳にうっとり!

 さっそくお目当ての「きたかみ牛」を網の上へ。大興奮の焼肉劇場の幕開けである。

 胃袋をざわつかせる、お肉が焼けるあの音は、舞台のカーテンがあがるドラムロールか。

 肉を焼き、飯を食う。肉を焼き、飯を食う……。その繰り返しの時間の、なんと口福なことか。体も熱くなってくる。

 ジューシーなお肉を頬張るたび、胃も真っ赤に燃え、お肉をエネルギーに変えてくれる。おいしい焼肉を食べた五郎さんが、リズミカルに繰り返すその行為を「俺は原野を行く蒸気機関車だ」と例えるのも納得!

 「きたかみ牛」のカルビは、歯応えもやわらかで噛みしめるとお肉の旨味が口の中にジュワッ。サシが多く入っている見た目ほど脂っこくもなく、いくらでも食べられるぞ、これは。ウォーン!

 脂身が旨いと評判の「白金豚」も意外とさっぱりとしたおいしさで、国産鶏のカルビももっちりとした食感がアクセントになり、辛めのタレとも好相性で、どんどん箸が進むぞ、これは。ウォーン!

 自社農場産のお米や味噌を使ったおいしいご飯とお味噌汁のお替わりも自由! ということでしっかりお替わりもして完食した俺。

 口福で満たされた俺の目の前には金色の……。

 もちろん、3月22日(月)まで開催中「きたかみ牛フェア」スタンプラリーの2つ目のスタンプもゲット!

 お店のウェイトレスさん曰く、2つのスタンプが揃うと、そのお店で応募もできちゃうそうで、市内温泉旅館ペア宿泊券や、きたかみ牛ヒレステーキセットなどが抽選で当たるかも! ウォーン!

 こうして腹ペコちゃんだった俺は、お腹も口福で満たされ、2つ目のスタンプもゲットして心地よい達成感に包まれながらお店をあとにしたのだった。

 しかし……。新しい応募用紙が、また1枚。「きたかみ牛フェア」スタンプラリーの締め切りは、3月22日(月)。タイムリミットまであと1週間。さて、五郎さんなら、どうするだろう?

 そう言えば、3月13日(土)13時から、岩手めんこいテレビで再放送されていた『孤独のグルメスペシャル~俺の食事に密はない、孤独の花火大作戦!~』では、最初にこんなナレーションが。

 時代や社会にとらわれず、空腹を幸福で満たすとき、つかの間、彼は自分勝手になり、自由になる。誰にも邪魔されず、気を遣わず、ものを食べるという孤高の行為。この行為こそが現代人に平等に与えられた、最高の癒しといえるのである……。 

 孤高の時間を求めて……。

★孤高のグルメ~きたかみ牛編~のバックナンバー

【第1話】はこちら! ⇒ 岩手県北上市青柳町のとろとろビーフシチュー

【第3話】はこちら! ⇒ 岩手県北上市大通り「レストランくさの」のハンバーグ

【第4話】はこちら!  ⇒ 岩手県北上市村崎野「がんこ亭」の北上コロッケ

★豪華賞品が当たる! スタンプラリー「きたかみ牛フェア」の詳細はこちら! ⇒ きたかみ牛フェア

(了)

せいぶ農産発 焼肉DINING まるぎゅう

岩手県北上市北鬼柳23-69-1

Tel/0197-62-3077

ランチ/11:00~14:00(ラストオーダー)

ディナー/17:00~21:30(ラストオーダー)

定休日/月曜日(祝日の場合は翌日定休)

2021-03-15|
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA