コロナに負けず、地域に笑顔を。 「深緑夏油夏まつり2020」 無事閉幕!

 ずっと続いていた雨空から解放された7月19日(日)の北上市。

 私が向かったのは、北上市の西部にある深緑まぶしい夏油高原。

 田んぼの稲が揺れる様子に心地よい風を感じながら、のんびりクルマを走らせていると、見えてきたのは昨年ホタルを見に訪れた夏油川。(ホタルの記事は、こちら!

 今回、私が訪れたのは、その夏油川のほとりに佇む源泉かけ流しの温泉として人気の「瀬峯坂(せみねざか)温泉 宝珠の湯」。ではなくて、その温泉の駐車場でした<(_ _)>

 気になる温泉は次の楽しみにとっておくとして、同駐車場では前日の7月18日(土)と19日(日)の2日間にわたって、「深緑夏油夏まつり」を開催!

 この祭りは、昨年に引き続き今年が2回目。夏油高原エリア(岩崎地区)には、夏油温泉や夏油高原スキー場へと続く「夏油高原いで湯ライン」(県道 122号夏油温泉江釣子線)が横断しており、その周辺には個性豊かな事業者さんがいっぱい! 

 そうした事業者さんたちが業種の垣根を超えて連携し、地域を盛りあげていくことで、「夏油高原いで湯ライン」の認知度アップに加え、地元食材はもちろん、自分たちの取り組みのPRの場にもつなげようと地元の有志たちが企画した手づくりのイベントが「深緑夏油夏まつり」です。

 今年はコロナの影響で開催も危ぶまれましたが、こうした時期だからこそ「地域に息抜きと楽しみの場を」と企画は進行。「3密」を避けるために屋外の広いスペースを利用し、手指消毒の徹底といった対策を講じて、なんとか7月18日(土)と19日(日)の開催となりました。

 今年は雨が続き、天候にも不安がありましたが、いざ蓋を開けてみれば、絶好のお祭り日和。たくさん並んだテントには地元食材の販売はもちろん、地元食材を使ったフードやお店自慢の料理がずらり。

 さらに、昨年同様、今年も地元で話題のアーティストによるスコップ三味線、おやじバンドによるライブなど、ステージイベントに加え、薪割り体験や、今人気のSUP(スタンドアップパドルボード)の体験など、子どもから大人まで楽しめる企画を豊富にスタンバイ!

 私が訪れたのは、19日(日)のお昼頃。きたかみ牛の炭火焼きや、山照園名物のジンギスカン、江釣子屋さんの蒸し牡蠣、岩崎名物アスパラドッグなど、ぜひ食べたいフードが満載だったため、ここでランチを済ませようと訪れてみれば……。

 江釣子屋さんの蒸し牡蠣と岩崎名物アスパラドッグは、すでに完売_| ̄|○

 しかし、きたかみ牛の炭火焼きや、山照園名物のジンギスカンは食べられたので、落ち込んでいた気分も復活(*´艸`*)

 というわけで、お腹を満たして大満足な私が会場を散策していると、たくさんの家族連れの笑顔の向こうに、「きたかみ仕事人図鑑」でお世話になっている顔が、アチコチに!

「仕事人図鑑」やラジオ第2弾「地域とつながる未来」にご登場いただいた「炭窯元  楽炭」の代表・千田淳さんは、自慢のテンガロンハットでダンディに決めながら、来場者を笑顔で出迎えていました。

▲ラジオ第13弾「働き方の未来」「きたかみ通信」にご登場いただいた「江釣子屋」の代表・佐藤 真(しん)さんも今年から参戦。自慢の蒸し牡蠣は大人気で、お昼で完売でした。さすが!

「仕事人図鑑」やラジオ第23弾「コロナに負けないアウトドア」などにご登場いただいた「Water & Snow SPICE」さんの体験イベントは、子どもたちに大人気でした!

「仕事人図鑑」や昨年の「深緑夏油夏まつり」の記事にもご登場いただいた「アサヒテクノ」さんは、この後ステージで歌も披露。残念ながら今回は聞けませんでしたが、昨年の様子はこちら↓

「仕事人図鑑」やラジオ第23弾「コロナに負けないアウトドア」などにご登場いただいた「キャンプグランド べアーベル」代表・日角孝治さんが、アスパラ農家の石井建一さんとコラボで手掛けるアスパラドッグもお昼で完売! 残念_| ̄|○

「北上市駅前オーガニックマーケット」の記事とラジオ第19弾「食の未来vol.2」にご登場いただいた「木こりの菊池農園」の菊池儀博(よしひろ)さんは親子で参戦! 自然栽培と天日はせ掛け乾燥にこだわった自慢の玄米「亀よし」「紗紗(ささ)」の他、塩や梅干しなども販売。そのお話を聞いて、思わず私も梅干しをゲット!

「仕事人図鑑」やラジオ第24弾「未来にタネを蒔こう!」などにご登場いただいた「アンビシャスファーム」代表・佐藤孝志さんは、自慢の「ひまわり油」を販売。お年寄りの方々にも丁寧に説明していました。が、孝志さんは、「深緑夏油夏まつり」を主催する「いで湯までのラインを楽しむ会」の会長でもあるため、あちこち動き回っており、自分もブースにいないことが多いそう。従って、「ひまわり油」が売れたのか、ちょっと心配……。

 さて、こうしたみなさんをはじめ、同お祭りに参加した多くの事業者さんたちのチカラにより、夏油高原が多くの家族連れの笑顔で包まれた「深緑夏油夏まつり」も無事閉幕。

 コロナに負けず、地域に笑顔を届けようと参加した事業者のみなさま、お疲れさまでした<(_ _)>

(了)

深緑夏油夏まつり2020

日時/2020年7月18日(土)19日(日)10:00~15:00

会場/瀬峯坂温泉 宝珠の湯 特設会場(岩手県北上市和賀町岩崎2-3-1)

内容/炭火焼「きたかみ牛」大試食会、地元野菜の販売、岩崎名物「アスパラドッグ」の販売、山照園名物「ジンギスカン」、江釣子屋の蒸し牡蠣の販売、SPICEストリートSUP体験、牛さんのエサ ラップサイレージ落書きコーナー、岩崎地区テクノメッセ(小さいけれど技術は一流! 岩崎地区工業製品紹介ブース)、ひまわり畑案内所、スコップ三味線、デクノボーブラザーズライブ など

総合司会/千葉真樹子(フリーアナウンサー)

主催/いで湯までのラインを楽しむ会

共催/(一社)北上市機械化農業公社

●昨年の様子は、こちら!

2020-07-24|
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA