「ふるさとCM」アイディア賞受賞! 12/26公開に先駆け、審査員の講評とともに見どころをチェック!

 本年度、北上市が制作した「ふるさとCM」が、斬新さが優れた作品に贈られる「アイディア賞」を受賞!

 先日、その賞状と目録を、IAT岩手朝日テレビさんより頂戴いたしました! ありがとうございます<(_ _)>

 併せて、北上市が制作したふるさとCM「重なるってワクワク!」に対する審査員の方からの講評をいただきましたので、以下にご紹介いたします!

審査員の講評

講評①

3つの周年行事が重なる来年に向けて、技巧を凝らしたテンポいい作品に仕上がっています。

▲撮影風景。こちらは「紹介VTR」の方ですが、こちらも力作です! お楽しみに。

感謝の言葉:北上市スタッフ①

ありがとうございます! 「テンポがいい」なんて最高の誉め言葉。飛び上がるほどうれしいです! CMはもちろん、「紹介VTR」もお楽しみに!

講評②

2021年度に市にとって3つの重要な出来事が重なることを面白く表現している。

▲撮影風景。こちらは「ふるさとCM」です!

感謝の言葉:北上市スタッフ②

「面白く」だなんて光栄です(^▽^)/   鬼剣舞も、おに丸くんも、みんなで頑張りました!

講評③

イベントが3つ重なる嬉しさを、こういった形で表現するって素敵です。

▲撮影風景。

感謝の言葉:北上市スタッフ③

「素敵」なんて言われたら、照れちゃいます(*´艸`*) でも、「素敵」な作品ですよ! 自分で言っちゃった(笑)

講評④

そのままCMに使えそうな流れ、手にのせるアングルが上手い!

▲撮影風景。

感謝の言葉:北上市スタッフ④

「手にのせるアングルが上手い!」だなんて(*´艸`*) もう一回やりましょうか? こんな感じで頑張りました!

講評⑤

テンポの良い鼓の音に合わせて、遠近法を使いながらのオープニング。「何が始まるの?」という視聴者の意識を向けさせてから、「トリプルアニバーサリー」という強いコピーで伝えることで、周年が3つも重なることが「スーッ」と理解できます。

最後も、再び階段を使っての遠近法と、「おでんせ」という暖かい言葉で締めくっていることが心憎いですね!

15秒という短い尺の中で、視聴者に周年をしっかり伝える手法として、視覚(遠近法と伝統芸能)・音(鼓)・ワード(トリプルアニバーサリー)、この3つを巧みに組み合わせる発想・表現手法は素晴らしい。

▲撮影風景。
▲撮影風景。こちらも「紹介VTR」です。お楽しみに!

感謝の言葉:北上市スタッフ⑤

過分なるお褒めの言葉、ありがとうございます! お子さんからお年寄りまで楽しめるCMと「紹介VTR」です。まばたきせずに、どうぞ、ご覧ください!

 というわけで、賞をもらってすっかり浮かれているスタッフたちの写真とともに、「ふるさとCM大賞 in IWATE 2020」にて「アイディア賞の賞状と目録をいただきました!」というご報告でした<(_ _)>

 オンエアをお楽しみに!

ふるさとCM大賞 in IWATE 2020

12月26日(土)午後1時50分から、IAT岩手朝日テレビで放送!

北上市は7番目の登場です! 詳細は、こちら!

(つづく)

2020-12-09|
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA